GFX-EFコンバーター、ストラップ。

先日SNSに GFXにEFマウントレンズが付けられる焦点工房のコンバーターが欲しいけど在庫がなくて買えない、って書いたら、業界のとある方からしばらく貸してあげると言って頂きました。テストはできるでしょ、と。ありがたや~ (-人-)

電子接点を持ったマウントコンバーターでないと絞りが正しく働かないので、他にはほとんど選択肢がないんですよね。市場在庫もない今、テストできるだけでも助かります (^^;

で、さっそく少しだけテスト。
ちゃんと撮る時間がないのでモニターで周辺のケラレと減光を確認する程度で。

EF100マクロとか使えるかなぁって思ったけど、周辺がダメですね。他も期待した多くがカメラの液晶で見るレベルで厳しい。
もちろんAFや絞りコントロールなどは問題なく機能していてコンバーターには問題なし。
135サイズのレンズではどうしても周辺が厳しいんですよね。
周辺減光はある程度補正できるけど、落ち方を見れば解像が厳しいであろうことは想像ができます。タムロンの残っているEFマウントとシグマのEFマウントレンズを軽くいくつか試しましたが使えそうなのは2本くらいかな。今のところ。そういう意味ではやはり純正のGFレンズが一番ですね。
でも2本でも使えてレンジを広げられるならコンバーターを買う意味はありそう。
それに遊びならぜんぜん使えるレンズは増えると思います。仕事レベルで使えるのはかなり限定されそうですけどね。
3:2の比率なら使えるモノも出てきそうです。
後日もうちょっと画を細かく見ながら確認したいところです。
この辺はKITTgogoのネタになりそうです (^^;

持ってないけどTS-Eレンズならイメージサークルも広いからアオらなければ絶対使えるだろうし、どこまでアオれるかも気になるところ。今度借りてみようかな。

ただアオるのは4×5アダプターを購入する予定なので、4×5でどこまで使えるかも今度テストしてみます。かなり久しぶりに大判システムが稼働することになりそうです (^^;

で、ストラップもゲット。革製です。
しなやかさはあるけど、厚めなのでまだまだゴワゴワです。
オイルで馴染ませた方がよさそうですね。あまりフニャフニャにすると強度が落ちちゃうでしょうけど・・・。
幅は35mmとなっていたけど実寸は33mm。ワタシにはちょうどいい幅でした。
ってことで、肩からかけて歩きやすくなりました (^o^)