GFXにGRAMASガラスとタイマーを。

新しいカメラを買ったらなる早で準備したいのが液晶の保護ガラス。
今回もグラマスを。 追記:GFX用は50Sも50Rも同じものでOK。
昔はこの手のフィルムとかガラスはむしろあんまり好きではなかったんですけどねぇ。これ使ったらこれ以外使わなくなってしまいました。ツルツルで気持ちいいんですもん (^^;

ちなみに、某ネットショップで買えるような安価なガラスも使ってきましたが、ダメです。いや、中には当たり品もあるのかもしれないけど、反ってきたり色がついてきたり。わざわざ剥がして貼り直してでも今はGRAMASにしてます。別にGRAMASが特別高いわけではないですしね。ちなみに、周りのプロの方もかなりの人がGRAMASを使うようになってます。

貼るのも もう慣れたもんです。
最初はGRAMASのサイトの動画なんかもちゃんと見てましたけど、何枚も貼ってるので慣れました。でも前より貼りやすくなってる気もします。
スマホの保護ガラスも出してるくらいですからカメラの液晶のタッチ操作もそのまま使えます。
大学のGFXにも勝手に貼っちゃおうかな (^^;

んで、あとはリモートレリーズ。
GFX 50RはX-H1などとは端子が違うんですね。
とりあえずいつもの安いタイマー付きリモートレリーズを。

2,000円未満でタイマーも使えて便利なの。ちょっと大きめだけどね。
ちなみに、これはアタリ・ハズレがあります (^^;
買ってすぐなら交換できるようですけど、端子がうまく入らないとか、スイッチが機能しないとか。まぁ、安いので気持ち的には痛くないですけどね (^^;
とりあえずすぐにテストして問題なし。
ちなみに、電源のオフができません、これ。
表示だけしか電力を食わないからそのままでいいだろう、って判断みたいです。

あとはストラップだなぁ~。
どうしても純正の幅が5cmくらいあるのは苦手なので、30mmと35mmでヨドバシで検索。これくらいが限界なんですね、幅。
本当は撮影時には着脱できるといいんだけど、いくつかあるようですが強度的にどうなんでしょうね・・・。
ってことでポチッとしてみました (^^;