PaSoRiを注文

2020/02/07

今年はなんとこんなに早く確定申告の準備が終わりました (^o^)
今年から確定申告を自分でやることになり会計ソフトを導入し、使い方を勉強しながら時々いじってたら、そのおかげでこんなに早く v(^^)

で、e-taxで電子申告しようとしたら・・・。
ウチのPaSoRiはあまりに古すぎてマイナンバーカードには対応してないっ!(;_;)
ってことで、それだけのために現行のPaSoRiをポチッと。まぁ、高いモンではないしね。
届いたら速攻で申告しちゃいます。

で、フリーランスの方で青色申告してる方、e-taxで申告しましょうね。
今回はまだいいけど、次回、2020年度分の申告からは。税制が変わるので紙で申告してると損をします。しかもワタシみたいに写真屋さんとしての事業所得と 会社や学校からの給与所得のある人はe-taxを使ってやっとこれまでの据え置き状態となります。

フリーなお友達も多いのでもうちょっと書いておくと、フリーには喜ばしい基礎控除が+10万アップします。しかし、青色申告の控除額が紙で申告するとこれまでの65万から55万になって-10万となります。これで差し引きゼロ。
でもワタシみたいに給与所得もあると給与所得控除がマイナス10万となるので、紙の申告ではトータルで-10万となってしまいます。これは増税になってしまうので頂けない。

でも電子帳簿をつけたり、e-taxで申告すると青色申告分が65万のままとなり、トータルでプラマイゼロの据え置きになります。
ちなみに、給与所得がない人はe-taxにすることで減税となります。

e-taxを使うにはICチップの埋め込まれたマイナンバーカードを取っておく必要があります。紙の通知カードではダメです。
マイナンバーカードでなくても、税務署に行って本人確認しながらIDとパスワードをもらう方法もあります。が、ソフトなどによってはこのID方式には対応しなかったりします。
それもあってワタシは昨年早めにマイナンバーカードを取得しておきました。マイナンバーカードでのポイント還元も始まるみたいだし (^o^)

あと、このカードリーダーが必要です。2,000円程度で買えます。

初回だけ面倒だけど、今後は家で申告できるし書類も不備がなければ提出がいらないし、早めに準備しておいた方がいいですよん。
特に給与所得のない人は減税になるし。
まぁ、税理士さんに提出を任せてる人は大丈夫でしょうけどね。

フリーの会計仕事を請け負おうかな (^^;
いや、フリー向けの申告セミナーとがいいかな (爆)
本当はこういう話はフリーで活動を始める大学の卒業生とかにセミナーしてあげるといいはずなんですけどね。

LINEで送る
Pocket

4か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です