Foveon機

2020/02/09

SNSでも話題になっていましたが、シグマがFoveonのフルサイズ機の発売を延期。
それを聞いてショックで、ショックで・・・。

いえね、普段カメラの販売が延期になろうが中止になろうが、そういうこともあるだろうなぁ~程度にニュースとして見ていましたが、今回は自分が買おうと思っていたもの。そのために他の機材を整理したりいろいろと調整をしたりとアレコレやっていたのでそのショックたるや・・・。

ちなみに、販売中止ではないのでそのうち出てくると思いますが、一旦リセットしての組み直しなので少々時間がかかるでしょう。

困ったのはワタシ。
買う気満々だったために機材を整理したりして35mmフルサイズのカメラが今は手元に何も無くなっているんです (^^;
シグマの発表以後、悶々とどうするか悩んだあげく、とりあえず静観をすることに。

今メインで使用しているGFX 50Rには35mmサイズのクロップモードがあり、3050万画素になるのでミドルクラスのフルサイズ機と同様になります。どうしても、って時にはとりあえずこれでしのげます。
普段の仕事ではX-H1などのXボディで十分ですので問題なし。
今年のCP+ももうすぐだし、何か別のボディを買うにしてもいろいろ出揃ってから考えましょ、って事で静観を。

考えてみたら自分は現在金欠でかなりムリしてシグマのフルサイズ機を購入しようとしていたので、延期になってくれたおかげでじっくり準備ができると思えば、良かったのかも。買うとしてもローンやリース形式になっていたでしょうから。
延期になってより良い物になってくれればいいですしね。

でも、作品撮りでは現在メインははGFXとsd Quattro Hで、sd Quattro Hは標準域のレンズが薄いので、そこだけ埋めればとりあえず問題は消えます。sd Quattro Hも十分に気に入っていますからね。ピンポイントで必要なレンズはありますし。

ということで、残念だけど 期待してますよ、シグマさん!

LINEで送る
Pocket

4か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です