http://www.LightParty.jp/
HOME

No.0002 

SETI@HOME
の解析計算スクリーンセーバー
Jun.20,2000


 これはコンピューティングがどうのこうの、ってもんじゃぁありません。
 パソコンを使ったおもしろい企画の紹介です。
 どういったものかといいますと、アメリカのSETIが宇宙からの電磁波をアンテナで受け、そのデータから宇宙にいる他の知的生命体が存在するかを調べようというもの。
 ただ調べるだけだった勝手にどうぞ、ってところだけど、何しろデータの量が膨大すぎでSETIのスーパーコンピュータだけではとうてい計算しきれない。
 そこで、全世界のパソコンの止まっている時間に計算させるというのがここで紹介するスクリーンセーバー。

 インターネットでデータの一部を自動的に持ってきて、マシンが休んでいる間にひたすら計算。 計算が終わったらデータをセンターに送り返す。これをひたすら繰り返す。これを世界中のパソコンでやっているわけだからすさまじい計算能力となるわけです。

 そのスクリーンセーバーの画像がこれ。どうってことはないけれど、グラフが動く姿はキレイだし、計算している姿を見ているとなんだかとってもコンピューターらしく見えてしまうから不思議。

 Macintosh版もWindows版もあるからおもしろそうだな、って人はどうぞ。
 でも、協力したからといって報酬などはありません (^^;
 宇宙人発見の手がかりとなるデータを解析した人(パソコン)はほめられるでしょう (^^;
 うちでは全てのマシンにインストールしましたが、今のところソフトによるトラブルは全くありません。
 

 ちなみに、宇宙人はいるとは思いますが、この解析では見つからないと私は思っています。でも、夢があっておもしろいからインストールしています。

 ともあれ、なにやらチームを作って競っている人もいるようですが、私はそういうのには参加していません。
 ただ、そこのサイトではインストール方法や企画の趣旨を日本語で解説しているので興味がある人は一度見てみるといいでしょう。


SETI@HOMEのサイトはこちら

日本代表「チーム日本-Team NIPPON」のサイトはこちら